私が事故で実際経験したことを
 
                           特にこれからハンドルを持つ方へのメッセージ
 


 

  車買取ランキング



  かんたん査定ガイドはエイチームが運営する車一括査定サイトです。
  他にエイチームは「ナビクル」「なびくる+」も運営する会社です。 

  みなさんもどこかで聞いたことがあると思います。
  かんたん査定ガイドの魅力はなんといっても入力項目の少ないことです。

  2ステップで愛車の相場がわかってしまうので、所要時間は車両情報入力、個人情報入力に30秒程度
  なんと買取相場表示までかかる時間はわずか1分!!
 やってみたらわかるんですけれど本当に

  私もびっくりしました。「えーほんとに!!」と声がでるぐらいほんとはやいです。

  それとかんたん査定ガイドに加盟している買取店は全て
  JADRI(日本自動車流通研究所)に加盟している会社のみです。

  JADRIは理念として「ユーザーにとって有益な情報を提供し続けることのできる
  優良な会社のみを会員にする」を掲げている組織です。

  主に58社が加盟していますが、みなさんもよくきく
  カーチス、カーセブン、ビックモータース、ガリバー、アップル、ジャックが加盟しています。

  そういう意味でいえば安心しておまかせできるので
  トラブルを避けたいと思われる方にはお勧めですね! 

           


カーセンサーはリクルートが運営する一括査定会社です。
老舗的で幅広いユーザーからの支持があります。

カーセンサーは加盟店はなんと500社にものぼり車に関する情報は業界一と言ってもいいでしょう!!
入力項目は昔よりはかなりへったのですが、8項目あります。(かんたん査定ガイドはちなみに4項目)

カーセンサーの買取店はメールのみの連絡に設定することができます。



「売却希望時期など、ご希望がある場合はこちらをクリックする。」をクリックすると
この入力事項が表示されるので、上記のように「メールのみ希望」を入力ください。

メールのみで対応できることはかなりのメリットです。電話での対応が主流なので
一括で査定依頼した場合査定を依頼した加盟店からひっきりなしに電話が

かかってくるので、メールのみで対応できるのはかなりのメリットですよ!
体験しているので、ホントしつこいので皆さんご注意!!

電話の場合「次回からはメールで対応お願いします。」と必ず伝えましょう!。

カーセンサーは幅広い加盟店が並ぶので最高で30社の査定額をしれますが
あまりに多すぎるとたいへんなので5から3社にしぼったほうがいいと思います。

多数からの一括査定をとれるのも魅力ですが、メールのみの対応ができるというのが
一番のメリットではないかと思います!


           

ズバット車買取比較は株式会社ウェブクルーが運営する車一括査定サイトです。

株式会社ウェブクルーは「保険スクエアbang」から始まり今では「ズバット生命保険」
「ズバット引越し比較」など40ものサイトを運営しているのでサービスを利用された方も多いと思います。

この様に多くのサイト運営をしている会社なので一定水準を確保しています。
利用者も50万人を突破しています。そういう意味でも安心できますね!

ズバット車買取比較は加盟店は150社と少し加盟店の数は少ない気はしますが
今後に期待したいものです。

最大10社の査定を依頼できますので気に入った加盟店にチェックをして
しぼって交渉することをお勧めします。

電話サポートも充実しているので安心できますね!

それと事故車、廃車予定の車も取り扱っていて今まで60万人の方がご利用されました。



 

 ドライバーなら誰もが1度は経験している車事故

私は毎日生活する中で車を愛用しています。
車を運転していると必ず誰しも一度は事故に遭っていると思います。

自分が原因で起こす事故もあれば自分がいくら注意しても相手から
ぶつかってきたりする場合もあるので
長い間運転をしていると事故は避けては通れないものですね!。
 

  始めての事故

私は免許をとって2年ぐらいの時に始めて事故を起こしました。
それは良く行くホームセンターの駐車場だったので、

真後ろの確認をせずサイドミラーだけでバックしたら
真後ろに新設した電燈の柱にノーストップでぶつけました。

全くの不注意でした。
始めてやってしまったという同様と車はどうなるン?という心配ばかりで
電燈の事など全く眼中にはなく、そこはホームセンターの敷地で直ぐに社員の人が

すごい音がしたみたいで駆けつけてきて電燈を眺めた後
「マー電燈は少し傷ついただけだから今回は修理はいいけれど気をくださいね!」
といってくれて、許してもらったのですが
私はショックで少しの間そのあとその場をはなれてからも動揺していました。



ここで私が勉強した事は

バックの時はミラーはもちろん目視までする。
(トラックの運転手だとバックする前に車から降りて必ず後ろの状況を確認するみたいです。)
事故した後は落ち着いてまずは自分ではなくまず相手の状況を確認する。
自分のやったことを逃げずに全て受け入れる。(必要以上に受け入れは不要!!)
*その気持ちが事故をそれ以上にしない!!

 

  ある意味一機に眠気が覚めた事故!!

私はサーフィンを高校ぐらいからやっていて、そのころ免許がなかったので先輩にお世話になって
良くいろいろいいポイントに連れて行ってもらいました。

その代わりではないですが、もちろん18歳になって免許を取得すると
私が運転して四国や愛知、静岡などいろいろポイントを求めて車を走らせていました。

恒例といってはなんですが、毎週土曜の仕事終わりに1人の先輩の家にみんながよって
夜中に車を走らせ、朝一の波に乗るというのが続いていました。

事故がおきたのは、いや起こしたのは、



いつものように土曜の夜に先輩の家に集まって夜中の2時ぐらいに伊勢の国府が浜というポイントに
向け大阪から出発しました。夜中だったので4時半には到着し、6時ごろにパドリングをし
波乗りを開始し昼前に終え、車を自宅に走らせました。

近場は私にとってはいつも地獄なのです。というのはほとんど睡眠なしの運転なので
遠くのポイントだと先輩も運転を変わってくれるのですがこのぐらいだと

いつもひとりで運転していました。この時も帰りを考えみんなより早く
海から上がったのですが、運転する前から眠気がしていました。

帰りは伊勢自動車道を通るのですがこの高速が1車線なので、
ゆっくりの車が前を走るともう眠気が最高潮、もう眠くて眠くて

自分の頬をよくビンタしたり、つねったりして眠気をなんとか
なくなるように勤めていました。この時に限ってとなりで先輩は昼から
彼女とデートみたいで体力を温存するため爆睡状態もうどうしようもないです。

ずっと高速が続いてやっと大阪に入り自宅まで後20分ぐらいのところまできていました。

 

  夢から覚めて地獄行き!!



音とともに目が覚めたのですが、
目の前に見た光景は私の車が前の車にデープキッスをしていました。

その衝撃で先輩はやっと目を覚ましました。第一声目に
「やってしもたー!!」ってそれは私の言いたいことと思いましたが

直ぐに車を降り、前の車に立ち寄り、様子を伺いにいくと、
「お前何考えとんじゃ!!ただですまさんぞ!!」

と怖いおじさんがでてきました。「ほんとすみませんでした。」
と謝るしかないので、ほんとうにすませんでした。と何度か
いいました。「お前謝ってすむとおもうなよ!」といわれました。

もう最悪と思っていました。

 

  クライマックス!!

          
警察を呼んで現場調書を終え、そのあとぐらいに首がいたくて気分が悪くなってきた
と言われてその後病院まで同行して、診察が終わるのを待っていると、

怖いおじさんが診察室からでてきてすぐぐらいに、
強面の人が入ってきて「兄貴大丈夫か?相手どいつや?」といいました。
強面のこの人は怖いおじさんの弟さんみたいでもっと怖いあっちの人みたいです。

「なんやこんな若い子かいな、こんな若い子から金とっても しゃーないやろ!車直すだけにしたらんかいな!」といってくれました。
ホントなんていい弟さんなんだと思いました。顔とは違うと正直思いました。

その強面の弟さんは「おニーちゃん悪いけど今日のこの診察料と車だけちゃんと直してくれるか!
それで今回はもう終わりでええな、兄貴!」と言ってくれて、怖いおじさんもこれから気ーつけるんやど!
と言って渋々納得してくれました。本当に優しいあっちの人で助かりました。

この件は弟さんのおかげで無事解決し、相手の車は私の保険で修理し、
後はこの時の診察料だけで許していただきました。

もうちゃんと眠い時は運転変わってくださいとこれからは言おうと決断した。

怖い経験の事故でした。

ここで私が勉強した事は

運転中眠くなったら車を止めて休憩するか仮眠する。
(10分でも仮眠したら全然違いますよ!)
                       
 

  保険を見直すきっかけに!!



今回の事故で保険をつかったので後に掛け金が引き上げになりました。
しかしこの時はこの次の「私が生きてきた中での最悪の事故」にも出てくる保険屋さんを
継続して使って行くと言う判断だったのですが

保険の見直しの時期って満期になった時か、車を買い替える時期か、
こういう事故の時ぐらいですかね?


私の場合契約する時は自分の保険の内容は考えて保険屋さんと相談したりし
て覚えているのですが、
何年も事故などがなかったら内容を見直すことなどなく、
決まった金額を銀行から引き落とされることを続けていました。

多分皆さんもこういう事ってありますよね。

そこで丁度自動車保険を見直す機会があって新しく乗り換えたのですが、その時つかったのが
一括査定の業者さんなんです。
一括査定は無料なので

この機会に一度見直されてもいいと思います。一括査定の業者さんはたくさんあるのですが
私のお勧めは次の3社です。

  「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】
  自動車保険一括見積もり
  SBI損保 自動車保険

ちなみに私は一位の「保険スクエアbang!」自動車保険一括見積もり【無料】で8社の見積もりの中で一番条件のよかった
保険会社と契約しました。

びっくりしたのがこの8社のなかでも一番安くて条件がよかったのですが、
前まで入っていた大手保険会社と比べて年間30,000円安くなって、内容はよくなってですよ!
どうしてこんなに違うのと本当に驚きました。

 

最悪の事故が生んだ多大の教訓!!

それは休日に国道を南から北へと走っていてずっと直線だったので信号も青が続いていたので
普通に時速60キロぐらいで走っていました。

その時出てくるはずのない右側から車がノーストップでスルスルとこちらに向かって曲がってくるのが
みえたのですが、交わせる距離ではなかったので
少し交わした格好でスピードを落としながら衝突しました。

車から20歳ぐらいの女性が降りてくるなり、慌てながら一生懸命謝ってきました。
そこで私は最初何を考えているんや!と思っていたのですが、その態度をみて
しょうがないかなと思いました。

そのあとすぐ泣きながら何回も謝るので反対に気の毒になり
「私の車だけちゃんと治してくれたら大丈夫だから」と
少しパニックになっているのが分かったので少し落ち着かすこともあり、
そういう気持ちで少しなだめる感じでそう伝えました。

「彼女はお客さんのところに向かうのでしたが始めての訪問で道が分からず、運転しながら
ナビで探していたところよそ見運転になってしまって信号を確認せずに
曲がってしまいました。」との事でした。

その後直ぐ警察に連絡し、現場調書をしたのですが、
私の失敗だったのが警察が現場に到着する間際にタイミングよく仕事の電話が入り
そうこうしていると警察が到着し彼女に事情を伺っていました。

私は少し遅れて現場に戻ると同時に彼女は調書を終え、現場から少し離れたところで
誰かに連絡をとっていました。

 

 3人一緒に調書をとらなかったことが大きな字に!!

その時は私は無知で3人で調書を取ることは当たり前で絶対不可欠だという事をのちのち
身を持って経験することになるのですが、その時はそういうこともわからず、

警察と私2人で調書をとりました。後々痛い目にあって思うのですがなぜ、
警察も3人で調書を取ってくれなかったの?と思いました。

予断ですが、警察もこういう事故の場合関与せず、基本的に双方の話合いで
保険屋さんをつかうのであれば保険屋さん同士の話合いになります。


調書をとっていると彼女の上司がたまたま近くにいたみたいでその上司に彼女は先程連絡を
とっていたらしいです。その上司は彼女と少し会話しその後すぐ私のところによってきて

うちの部下がご迷惑をおかけしましてと頭をさげてきました。
私はさっき彼女にいったように「車だけ治していただければ」とお伝えしました。
上司の方が保険を使わずに解決する方法の話を持ち寄ってきましたので
彼女の連絡先は調書の時に交換したのですが、会社の連絡先をこの時に教えてもらいました。

私はこれだけ謝って反省していたので、すっかり信用してしまい、その条件をのみました。
失敗第2弾なのですが、こういう場合示談は絶対に避けましょう!! というか事故があれば必ず警察と保険屋さんには連絡するべし!!

この日はこれで別れました。



 

 状況は一変!!

次の日状況は一変!!上司から連絡が入ったのですが上司の態度が昨日とは打って変わって

上からものを言う感じでその内容は
「昨日の事故は私の部下が右に曲がろうとした時に信号無視をして来たあなたに衝突された」といってきました。。

車も直ぐに使いたいので早急になおして頂いて
彼女も昨日の事故で気分が悪いので今日は病院に行っているので
また診察料もお願いします。とのことでした。

私は上司の態度と話の内容に余りにびっくりしたことと人間がこんなに変われるのか
とのショックで少し無言になってしまいました。

その後昨日のような謝罪するような様子もなく話にはならなかったので、
保険を使うことを決断しました。

事故では良くあることなのですが、現場からはなれると第3者が入り
当人に知恵を与え俗にいう「入れ知恵」ですよね!

今回の場合帰ってから会社の上司になんとかしなさいと葉っぱをかけられたのでは と思いました。でも昨日と今日であれだけ変わると人間不信になりました。

 

  保険屋さんの見解!!

そういう状況になったので私は早速保険屋さんに連絡を取り状況を説明しました。
私の車も停止していて衝突されたのではないので7対3ぐらいの割合になるのではとのことでした。

(車の事故の場合少しでも車が動作をしていると、どれだけ相手が悪いといっても一般的的には10対0はないということは わかっておきましょう。)

しかしまたも状況は一変!!保険屋さんから連絡があって「どうしても5対5にしかならないですね。」
といわれたので、そんなわけはないでしょう!と思っていると

丁度そういうことに詳しい先輩と一緒だったので状況を説明すると
先輩から「ああそれは保険屋同士が組んでるんやわ!」といわれました。

詳しく聞いてみると相手の保険屋さんも大手の保険屋A、私の保険屋Bも大手です。
事故した相手は会社の車全車に保険をかけていて多分保険屋さんが彼女の会社にお願いされて

保険屋Aが保険屋Bに状況を説明して大口のお客さんを無くしてしまうかもしれないので
お客さんの納得のいく形にとお願いした結果個人の私を保険屋さんがなくしてもさほどの
損害はないと判断したのでしょう。ときかされました。



私は自分の入ってる保険屋さんも信用できないの!とすごく疲れました。

そのあと先輩から「絶対に保険屋が5対5でといわれても、それはどう考えてもおかしいから
7対3しか了解できないと豪語しとき!」とアドバイスもらったので、早速保険屋さんから
連絡があったのでそのことを伝えました。保険屋さんはわかりました。と電話をきりました。

その後私の担当者が相手とも何度も話しをしましたが
5対5以外は受け入れてもらえずどうどうしようもできないと

連絡があったきり解決せず、最終的には担当者が3人かわり
その後部長が担当者になったまま連絡がとだえ結局今も未解決のままです。

私の車なのですが、通勤や生活のしていくには毎日必ず使っていたので、
すぐに代車を借りて修理をお願いしたのですが、請求金額を見てびっくりしたのですが

50万もかかってしまいました。もう作業終了していたのでどうにもならないのですが、
その後もこの事故が原因かわからないですが、他ののところも調子が悪くなり2度修理しました。

後で考えるとこの時車を廃車にして、新しく車を購入するか、修理をして車を買い取ってもらって
新しく車を購入するかという選択もあった訳ですが

事故の時には瞬時の判断が必要で、ある程度の知識
と冷静さがなかったら、その後またその判断で苦しい状況に追い込まれます。


今こういう経験をふまえてお勧めしたい方法があります。

 

  【事故車も高価格で買い取ってくれる!】

昨今は事故車も買い取ってくれるのご存知ですか?
それも高価格で!!


私は少し前まで事故車は廃車する際に反対に廃車代ってお金を払わなければならないものだと思っていました。

知ったのはこの前友人が事故で車を修理するか廃車にして中古車を購入するかどちらが得かな?と一緒に調べていて知ったのですが
現代日本車は外国ですごく人気があり、部品だけでも売れるらしいです。

だから乗れなくても海外で高価格で売買されています。

国内でも廃車した車を修理してオークションなどで結構販売されたりしています。
だから事故車が高価格で買って頂ける訳です。お勧めの事故車買取専門店はこちらです。

  カービュー事故車査定

  事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム

販売店に出向かなくてもパソコン、携帯から10社以上の査定金額を一度にしれることが何よりもメリットですよね!
ご自身の愛車の査定額を無料なので調べてみてもいいですよね!

        
 

  【車買取なら一括査定】

事故した時だと車の査定というと販売店に車を持っていって車の査定をしてもらってました。
だから1日仕事でしたね。

昨今では一括査定をしてくれる会社があるんです。それも無料で!
大手加盟店の査定を10社ぐらいの加盟店の査定を一括で調べることができるので

その中から自分の気にいった加盟店に実際に連絡し車を見てもらって売却できます。

加盟店によっては、訪問査定もしていただけるので、今はこの一括査定が買い取って
もらう時には主流になってきています。

現代日本車が海外ですごく人気で高価格で売買されたりしている状況からか
中古車も購入価値があり業者さんの中で特に人気車なんかは一括査定をすると

業者さん同士とりあいになり自分の想像していた価格をはるかに超えることもしばしあります。

今自分の愛車がどれぐらいの価格、価値があるのか無料で一括査定できるので、
この機会に一度試されたらいいと思います。

私のお勧め買取業者はこちらです!

  かんたん車査定ガイド
  カーセンサー.net簡単ネット査定
  《ズバット車買取比較》最大8社無料一括査定

 

  この最悪の経験が多大の教訓を生んだ!!



話は戻るのですが、現場調書の時彼女と警察、私と警察3人一緒に調書をとらなかったのが失敗したんですが
何がその後あったかというと、あれだけ謝っていた彼女が警察に証言した内容が 「私は信号無視をしてません。」
と言ってたみたいです。少しはその気持ちは分かる気はしますが・・・・

ここで私が勉強した事は

現場調書は当事者同士と警察の必ず3者で行う
    (互いの証言が間違いがないかを確認し合うため)
示談は避けること。最初から保険屋さんにお願いする。
  (どうしても互いの感情が入るので、経験上第3者である保険屋さんに判断してもらった方がいい) ■保険屋さんからの内容が納得いかない場合はその思いはちゃんと伝える!
  (ちなみに今回の保険屋さんの件はまれかな?)
事故は突然起こるものなので最低限の知識を持っておく!
  (そのあとの車の処置、とにかく急を要するので!!)
自分の保険の内容をしっかり把握しておくこと!

     
 

  私がこの事故を通じて伝えたいこと!!

この事故で学んだことをいろいろ読んで頂いたと思うのですが
私はこの事故のおかげですごく成長できました。

事故の時って人間の本性が出ると思うんです。
その時にいかに冷静に自分を反省できるか。

相手のせい、運のせい、周りのせい、にするのでなく事故も
事故を起こす前の自分の行動、気持ちに問題があると思います。

事故は運が悪くて起こるものでなく、例えば朝ぎりぎりまで寝ていて慌てて
出勤している途中に事故を起こしたり、運転中に友達から電話がかかってきて

携帯をかばんから出そうとよそ見をして前の車にぶつかったり、あげればたくさん原因はあるのですが
それを言わずに人のせい運のせいにしてしまっていませんか?

そんな気持ちで事故した相手と現場調書だったり保険屋さんと話ししたりしたら、
伝える内容は全て自分のいいようにとなりませんか?

その気持ちをうけた相手はどうなるでしょう?
相手も自分のことしか考えずにもめたりするのでは?

だから、私の見解は事故を起こした時には、まず素直に自分の目の前の
状況を素直に受け止め反省して正直にありのままを証言し、
自分が悪かったら

素直に謝り、その気持ちを相手も人間だから受けてその後の行動、言動になっていくと
おもいました。だから今回お話した事故も私が取るべき行動をとっていれば
相手も今回のような行動、言動にはならなかったと思っています。



いろいろ行動、言動、事故に対しての知識も大切なのですが、
一番大切な事は人間として相手を思いやる気持ちが事故を起こしてからの
状況も全て自分の気持ち次第だという事を私はお伝えしたいです。


この気持ちの持ち様は仕事場でも友達の中でも家庭でも全てにおいて生きると思いますし、
この後生きました。


事故の時のような最悪の時にそういう気持ちを持つことがその後の自分の状況をプラスに繋げていくことだと思います。

「ピンチは最大のチャンスなり!!」
すこしでも共感して頂ければ幸いです。

Copyright © 2015 事故での苦い経験の中で学んだ事故への対応,自動車保険の選び方,車買取に関する情報 All rights reserved.
by かずん